お客様の困っていた事例と弊社の対策

自動車用マフラー製造関係はこちら

15.海産物製造業のお客様

お客様の「困っていたこと」

対称海産物収穫は解禁から2カ月間で終了するため、海産物を浜揚げ後直ちにゆで上げ乾燥保存、その後異物除去工程を行っているが選別工程に大勢の労力を必要している。異物除去装置等(風選機等)はすでに導入しているが、思うような効果が得られず、最終工程では厳密な目視検査を実施しているが、人的異物除去では完全に取り去ることができず困っている。

弊社が行いました対策

ご訪問し詳細のご説明と選別機等を見させて頂きましたが、選別効率が低く、厳密な目視検査でも、十分でないと判明しました。
そこで、浜揚げ後直ちに洗浄する工程を提案しました。装置価格が割高になること懸念されていたようでしたが、お客様に合わせたカスタム仕様をご提案し、ご了承頂きました。
お客様の目線で捉え・考え・行動する」が今回の決め手となりました。

ページの上部へ戻る

16.製造業のお客様

お客様の「困っていたこと」

円筒のパイプに縦方向に2か所円周状に8か所合計16個の穴をドリルで開けているが、1回での加工本数が100本と多く、 穴あけはもちろん加工後の内側のバリ取りが大変で困っている。
小ロットなのでできるだけ予算をかけたくないが、誰が作業しても安全に、正確に同じものができるようにしたい。

弊社が行いました対策

穴あけの金型およびパイプに均等に穴が開けられるようにカム式の省力化設備のご提案をいたしました。
既存設備での使用が可能で、女性でも安全に使っていただけるよう配慮いたしました。
結果、作業時間短縮になり作業する方の業務負担も軽減され喜んで使っていただいております。

ページの上部へ戻る

17.製造業のお客様

お客様の「困っていたこと」

長年続けていた製品の受注が減り始め、少量生産となり低効率により、収益を圧迫してきている。
また、熟練技術者不足設備老朽による、設備投資を迫られている状況であり、高価な設備投資等による現状打開は望み薄で特に、プレス機械装置は安衛則規制もあり、安全点検等維持費用が嵩んで困っている。

弊社が行いました対策

油圧装置を応用した省力化装置により、10台予のプレス機械装置を全廃し、作業効率と安全性を確保、さらに小型化ながら高能力性能により、占有面積の低減段取り時間を省くフレキシブルライン構築、それにより、効率向上と収益の向上を達成いたしました。

熟練作業等を平準化し、専用冶具・専用機等の導入により、作業経験の有無に関わらず高品質な製品提供が可能に

・装置の制御回路等をシンプルにして、特殊な技術を必要としないなど、保守性の容易さも考慮した機械装置により維持費軽減に貢献

ご導入先様で保守を行える構造とし、保守費用の低減に貢献


お客様の実情に合わせた、イニシャルコスト及び、ランニングコスト分析を行い、
投資対効果の評価をご説明しご理解されました。「お客様と共に悩む」が解決の糸口でした。

ページの上部へ戻る

1.リサイクル業のお客様

お客様の「困っていたこと」

シュレッダーダスト搬送用のブロワ吸気口からの騒音が大きく、機器メンテの作業環境が悪くて
困っている。

弊社が行いました対策

ブロワの性能を妨げない様、低圧力損失のスプリッタータイプ消音器を新たに設計し
ブロワ吸気口へ取り付けることで、26dBの減音を実現し、お客様からお喜びの声を
いただくことができました。

実例を見る
ページの上部へ戻る

2.リサイクル業のお客様

お客様の「困っていたこと」

新たに作った廃棄物処理工場からの騒音が、地域の環境基準を満たさず、操業開始が危ぶまれて
いるため困っている。

弊社が行いました対策

サイクロン集塵機の排気ダクトにスプリッタータイプの消音器を新たに設計し取り付けることで
環境基準(敷地境界で65dB以下)をクリアーさせました。
お客様は無事操業を開始することができました。

実例を見る
ページの上部へ戻る

3.化学工場のお客様

お客様の「困っていたこと」

高圧タンクからのガス放出音が大きく、労働環境に問題がある。
また、放出ガスに凝縮成分が含まれており、消音器を取り付けても吸音材に凝縮成分が固着して
しまうことが懸念されているため困っている。

弊社が行いました対策

弊社標準品であるTYF-80をベースに、ワンタッチで分解・清掃が可能なタイプを納入させて
頂きました。騒音は85dBから55dBに減少し、お客様には満足頂きました。

実例を見る
ページの上部へ戻る

4.エンジン発電機設置予定のお客様

お客様の「困っていたこと」

エンジン冷却用のラジエーターをリモートラジエーターとして屋上へ設置したいが、
商業地域なので騒音の心配があり困っている。

弊社が行いました対策

リモートラジエーター空冷ファンの騒音を低減する為の消音器を設置することで、
お客様の心配を解消いたしました。

製品を見る
ページの上部へ戻る

5.製紙工場のお客様

お客様の「困っていたこと」

ルーツブロワからの排気騒音が大きく、作業環境が著しく悪く、排気には製紙の残渣が含まれて
いるため困っている。

弊社が行いました対策

清掃可能消音器を取り付けることで、騒音を解消させ、作業環境を改善いたしました。

製品を見る
ページの上部へ戻る

6.医療機器メーカーのお客様

お客様の「困っていたこと」

病院へ納入する高圧酸素治療器の減圧時の大気放出音を最小限に抑えたくて困っている。

弊社が行いました対策

お客様ご要望の減音性能及び圧力損失(通気抵抗)を考慮し、弊社標準品のTYG-80及び
TYF-100(いずれも病院グレード)
を提案し、採用して頂きました。
お客様には大変満足して頂き次プロジェクトでも採用したいとの有り難いお言葉を頂きました。

製品を見る
ページの上部へ戻る

7.油脂科学製品(食品)メーカーのお客様

お客様の「困っていたこと」

生産品目切り替え時の設備(主に流動管)の洗浄を行うのに高圧窒素を使用しているが、
洗浄後の大気開放時の騒音が大きく、作業環境が悪くて困っている。

弊社が行いました対策

弊社保有のサンプル器(YMBシリーズ)を貸出し、減音性能や関連機器の性能低下のない事等をご確認頂き25dB減衰タイプのYMB-32の購入を決断して頂きました。

製品を見る
ページの上部へ戻る

8.食品加工メーカーのお客様

お客様の「困っていたこと」

ある食品の加工時、室内にその粉末が漂う為、ブロワにて室外に放出しているが、その
放出音が大きく、周辺住民より苦情が出ていて困っている。

弊社が行いました対策

弊社の近隣であった為、お伺いして状況を分析し、騒音規正法の基準以下で、且つ、お客様の使用条件に
合う様TYE-100を改良した分割・清掃可能型を提案し、採用して頂きました。
結果、ブロワ接続管出口の騒音が67dBから47dBに減少し、敷地境界基準55dB以下をクリアーし、
お客様には大変満足して頂きました。

実例を見る
ページの上部へ戻る

9.クリーニング業のお客様

お客様の「困っていたこと」

温風乾燥機の送風機出口の騒音(排出音)が大きく、周辺の住民の方々より苦情が出ており、困っている。

弊社が行いました対策

現場確認と打合せの為訪問し、状況を分析したところ、騒音規正法の基準65dB以下を上回る80dBの騒音が有り、また排気の中に洗濯カス(毛玉等)が含まれる事より清掃可能型で30dB減衰可能なスプリッタータイプを提案し、採用して頂きました。

ページの上部へ戻る

10.機械設備メーカーのお客様

お客様の「困っていたこと」

取引先様より、『高圧空気の大気開放時の騒音がうるさく、作業環境改善の為、消音器を
設置したい。』旨相談を受けたが、何とかならないか。

弊社が行いました対策

弊社保有のサンプル器(YMBシリーズ)を貸出し、減音性能や関連機器の性能低下のない事等をご確認頂きYMB-20(25dB減衰タイプ)の購入を決断して頂きました。

製品を見る
ページの上部へ戻る

11.電子部品製造業のお客様

お客様の「困っていたこと」

5月の大型連休を利用して工場設備のリニューアルを実施したが、明けて操業を開始したところ
意外にも新規導入した設備からの騒音が大きく、近隣住民より苦情が出て困っている。

弊社が行いました対策

現状騒音が80dB程度であること及び当該工場の立地条件(東京都内)より騒音規制法による
騒音の許容値が50dBであることを調査し、騒音減衰能力35dBのTYF-150を提案し、
採用して頂きました。

ページの上部へ戻る

12.清掃業を営むと同時に清掃設備機器を製造販売されているお客様

お客様の「困っていたこと」

清掃設備機器を製造して蓄積したノウハウを利用して、放射線汚染に苦しむ福島県のために
放射線除染装置を開発、販売を始めたが、ユーザーより装置の騒音が大き過ぎると
苦情が出て困っている。

弊社が行いました対策

お客様からの相談を受け、種々分析した結果、内燃機(エンジン)とルーツブロワの2種の騒音源に対して、それぞれコンパクトな消音器を設計開発し、採用して頂きました。

製品を見る
ページの上部へ戻る

13.保温工事業のお客様

お客様の「困っていたこと」

20hzから100hzの低い周波数範囲でのボイラーの排気騒音に悩まされており、
消音器により20dB減音したいが、このような低い周波数で弊社が希望する減音量を
実現できる消音器が見つからなくて困っていた。

実例
お客様立会のもと、弊社内で製品のスピーカー試験を実施し減音量を確認のうえご満足いただくことができました。

弊社が行いました対策

弊社の膨張式サイレンサーTOE-250(標準品)を
用いることにより、 お客様が希望する減音量を
実現することができました。

ページの上部へ戻る

14.高圧タンクを扱っているお客様

お客様の「困っていたこと」

高圧タンク内の空気を大気放出するときに、既設の消音器は100dBもの大きな騒音が発生する。
25から30秒以内に放出でき、機側1mで85dBまで減音ができる消音器をさがしたが、
すぐに対応してくれる消音器メーカーがなくて困っていた。

弊社が行いました対策

弊社で仕様条件に合わせ新規に設計した膨張式サイレンサーを用いることにより、お客様にご満足いただける減音量を実現することができました。



TEL:048-749-8581 メールでのお問合せはこちら
ページの上部へ戻る